アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
地下室の窓
ブログ紹介
 世の中矛盾していることが多い。殊に政治の世界で感じる。
一人で叫んでもどうなるものではないが、せめて本欄で自分なりに批判しストレス解消の一助になればと思っているが、批判するからには確度が必要で調査に時間が掛かる。
 個人中傷は後味が悪いのでなるべく避けたい。
また、批判だけでなく、自分の意見を述べるように努めている
が、矛盾だらけの政治に飽き足りずストレスが増す。
 いまは、誤字・脱字の防止や表現力に努めボケ防止に努めている。多数のコメントに深謝。ご返答しないこと容赦願います。 
 
 
 
zoom RSS

政府与党の姑息な姿勢 森友問題

2017/03/30 14:32
 籠池氏が首相夫人から受け取ったとする寄付金100万円は、
事務員が最寄りの郵便局から入金したとする証言に対し、自
民党側は振り込み領収書の訂正前に書かれた「大」の筆跡が
籠池氏夫人の筆跡に似ているとして、事実なら偽証罪に問わ
れる旨取りざたされている。

 籠池氏が入金に直接関わったものでなく、関係者らの報告で
事務員だと説明したとしても、意図的に虚偽の発言をしたもの
でなければ偽証罪に問われることはない。

 誰が振り込んだかが問題ではない。
 また、首相側の寄付が事実であったとしても、違法ではない。

 それにも拘わらず、入金者が証言と異なる疑いがあるとして、
追及する意味があるとは思われず、児戯に等しい言いがかり
で、自らの非をもみ消すためのすり替えとしか思われない。

 本件の核心は、国有地の安価な売却疑惑についての糾明
であるが、最も重要な算定根拠や交渉経過を記録した関係
書類の破棄が重大な問題だと言える。

 売却額の適否等については国会計検査院の調査に委ねる
というが、証拠隠滅が事実であれば真実は解明できない。

 韓国の朴前大統領の逮捕を決定するのは42歳と最も若い
判事であり、ベテラン判事長を超えての措置だと言うが、国民
からの忖度の疑惑を生じないためだという。

 いずれにしても、真相糾明に最大限努めるためには関係者
の証人喚問は避けて通れないと考える。
 学校建設費見積もりを巡る訴追は、本件の核心に関わるこ
とではなく、政府与党のはぐらかしとしか思われない。

 籠池氏だけを証人喚問し、生贄にして迷宮入りで幕引きする
ことは避けるべきだと考える。(29.3.29)
画像


 













記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


働き方改革計画実行に疑問

2017/03/30 13:25
 安倍首相が強い決意で取り組むとしている「働き方改革の実
行計画について10年間の工程表が示された。

 同一労働同一賃金の実現では、非正規の手当や休暇が正
社員と同じ仕事なら同じ待遇とするというが、賃金は欧州並み
の「正社員8割程度に引き上げると言うから整合性があるとは
思われない。

 また、労働者に待遇差の理由を説明する義務を企業に課し、
違反には罰則を設けると言う。その上派遣労働者には除外規
定を設け、相談体制により無料で利用できる裁判外紛争解決
手続きを設けるという。
 これらの措置は実情と遊離しているとは思わる。

 残業時間については罰則付きの上限を設ける。繁忙期は年
6回まで原則を超える残業を認めるが、上限は月100時間未
満とし、繁忙が2〜6カ月続けば月平均80時間以内、年720
時間以内とした。
 しかし政府の指導・助言の外、具体策は労使に任せるという。

 更には運転業務、建設業、医師等は改正法施行後5年間猶
予するが、完全施行の時期は未定だと言う。

 残業時間の削減については、連合や経団連の労使交渉で
纏まらず、首相は裁定で月100時間未満としたが、議論が十
分なされいるとは思われない。

 このような不完全な計画で働き方改革が進むとはとても思わ
れず、真に効果的でより具体的な抜本改革が必要だと考える。
(29.3.30)
画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


矛盾に満ちた証人喚問拒否 森友問題

2017/03/29 16:41
 政府与党は違法の嫌疑がなければ国会証人喚問はすべきで
ないという。首相夫人の証人喚問要求に対しての姿勢である

 森友学園問題が同学園の国有地取得に伴い、安価であるとし
て政治家への働き掛けの有無を質すために籠池氏の証人喚問
が行われた。
 
 喚問の核心は、政治家の忖度の有無についてであり、喚問の
結果忖度の事実は不明であるものの、籠池氏は国有地の払下
げを受ける側であり、売却価格が低廉に至った根拠については
財務省側が明らかにする必要があるが、関係書類を廃棄したと
言うから疑惑が深まっている。

 本件を巡り、首相名の使用はじめ、首相夫人及び秘書、籠池
氏夫人らが関わっているとみられ、種々の憶測がなされている。
 また10万円の寄付についても応酬がなされているが、籠池氏
は既に、学校建設の申請を取り下げており、今後多大な負担を
生じることとなったが、建設用地の払下げ価格や学校建設可工
事は、全て当局側が決定したことによるものである。

 夫人同士の頻繁なメールの内容や夫人秘書の財務省との関
わりを巡って双方で、問題点を挙げているが、らちが明かない。

 籠池氏は政治家の忖度の有無については受動者であるにも
拘わらず、証人喚問に応じたものであり、この上は本件に密接
に関わっていたとされる財務省や首相夫人らについて証人喚問
をすることが当然であり、国民の多くが求めていることからも政
府与党は民意を尊重すべきであろう。
 一方に偏していることは明らかで、矛盾も甚だしい。

 1強を楯にこのまま迷宮入りさせたのでは、政治不信は増幅
するだけである。(29.3.29)
画像










 


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


脈絡が感じられないメール交換 森友問題

2017/03/27 16:53
 自民党が24日、首相夫人と籠池夫人がメールをやり取りを記録
した資料を公開したという。
 昨年6月4日から今年3月16日まで、昭恵夫人からは34通、籠
池夫人から49通であったという。
 仲の良い中高校生でもあるまいに、と思われる。
 
 2月18日から3月16日までに、両者がやりとりした33通のメール
が地方紙に掲載されていたが、禅問答のようで脈絡が全く感じられ
ず、一部がカットされているように思われた。

 案の定、コメント風刺作家の松崎菊也氏は「互いに自分の言いた
いことを言っていて、やり取りがちぐはぐでかみ合っていない」と指
摘しているが全く同感である。
 支障がある部分をカットしているとしたら、誰かの隠蔽である。
谷秘書のメールを「ゼロ回答」等とはしゃいでいるのは滑稽である。
 内容が問題でないとの認識がないところに、稚拙さを感じる。

 また、麻生太郎財務相、迫田秀典元理財局長、佐川宣寿理財局
長はいずれも政治家の関与を否定しており、法令に基づいて適正
に処理していると証言しているが、当時の担当職員による喚問で、
算定根拠について、凛議経過を究明する必要がある。
 稟議書を廃棄したとするなら、重罪と言える。

 更には、学園や政治家との折衝記録等は廃棄したと言うから、昭
恵夫人の携帯水没の言い訳にも似て、偶然とは思われない。
 
 国有地という国民の財産の処理に関して、このような雑な処理自
体、事実なら責任は重い。文書所管の総務相の責任も重い。
 
 国民の命と財産を守るという政治の責務を軽視していると言える。
 PKO派遣の自衛隊の日報隠蔽行為と同様信頼は地に落ちた。

 流行語大賞にもなりかねない「忖度」はどう考えてもあったとしか
考えられず、立証困難であっても、多くの国民の心に刻まれる。
 ちなみに、籠池側の3種類の建設費用問題は、建設中止となった
が、本件の核心と別途の問題であり、こじつけは当たらない。
 
 本件は自らの政治を貶めていることで悲哀を覚え、一強の怖さと
言える。(29.3.27)
画像





 
 




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


説得力ない与党幹事長の発言

2017/03/27 14:24
 森友学園問題で、自民党の下村博文幹事長は、国有地売却価
格が妥当かどうかは会計検査院がチエックすると述べている。

 また、公明党の斎藤哲夫幹事長代行は、証人喚問は犯罪の嫌
疑があるときに行うもので、昭恵夫人を呼ぶ必要はないという。

 いずれも政権擁護のための発言で、身勝手な理屈だと思う。

 それならば、政府与党は当初参考人招致を拒否していた籠池
氏を、突然証人喚問に応じたのは何故か。
 
 そもそも本件は、国有地の廉価による売買契約ニ疑惑が生じ
たことによるもので、価格決定については売り主である国側の意
向が大きく左右し、森友学園側は受動的な立場である。

 会計検査院に委ねるとしても調査に長期間を要するが、それな
ら何故籠池氏の喚問に応じたのか。この上は、関係者全ての喚
問をするのが筋ではないか。そこに恣意性が透けて見える。
 
 また、証人喚問を嫌疑云々とする斎藤氏の意見も納得できない。
昭恵夫人秘書による財務省との情報でも疑惑が深まっている。
昭恵夫人には全く嫌疑がないというなら誤りである。
 世調でも国民の過半数が喚問を望んでいるのをどう見るか。

さらに、ごみ処理で森友側が1億3千万円余の費用を立て替え
した後、新たなゴミが発見されたが、財務省側から敷地内処理
の提案があっことについて、籠池氏は記憶がないとしているが、
その費用の扱いに関しても疑惑が残る。
 いずれにしても財務省の記録が廃棄されていることが重大な
問題であり、会計検査院の調査にも支障を来たすことを考える
と、下村氏の発言は不適切と言える。先ず以って国会の責任で
調査すべきである。(29.3.27)
画像

 
 

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


首相弁明の疑惑 森友国有地問題

2017/03/27 11:15
 表記に関し、首相は昭恵夫人を含めて関与を否定している。
世論調査では「納得できない」とする回答が62.6%で、「信用でき
る」の28%を大きく上回っている。
 
 昭恵夫人の証人喚問について52%が望んでいる。
国有地払下げ経緯について「政府は十分説明していないと思われ
る」は、82.5%となっている。
 首相からの100万円寄付に関し否定している首相説明を「理解
できない」は58.7%に達している。

 さて、本問題は森友学園側について種々疑問点はあるが、本件
の核心ではなく、別途政府側の対応を含めて質すべき問題であろう。

 土地払い下げや学校建設認可を巡り、多くの疑惑があり、政府与
党は多角的に問題指摘しているが、その多くは正当化するため外
堀を埋めるような魂胆が透けて見える。

 しかし、これまでに明らかになったのは、夫人同士の頻繁なメール
交換、現役官僚5名もの夫人秘書の任命(本件がなければ国民は
士らない)。その秘書による本件に関わる財務省との連絡。

 メール交換の古い内容は、昭恵夫人の携帯水没により不明だとす
る疑惑。
 また昭恵夫人は講演料はもらってないというが、負担した秘書費
用の資金の出所疑惑。昭恵夫人は所得があるのか。秘書の出張
管理はだれか。手当は出ていないのか。

 秘書と財務省とのメール内容について、自民党関係者はゼロ回
答だっと弁明しているが、これこそ語るに落ちる。ゼロ回答である
かどうかが問題ではない。私人だと言う夫人の秘書が本件に関し
財務省と連絡していた事実が問われているのである。しかもその
経過を夫人に報告しているという。墓穴を掘ったと言える。

 肝心な低廉売却について政府与党は、合法的との1点張りであ
り、契約に至った経緯から誰もが信用できないだろう。

 繰り返すが、関係者の証人喚問により、可及的速やかに真相糾
明することが首相の責務である。

 重要法案が山積しているから云々という声があるが、安倍政権
の隠蔽体質を追及することこそ喫緊の課題であると考える。
 虚偽にまみれた政治に決別しなければならない。(29.3.27)
画像





 



  





記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


森友問題本質から遊離している

2017/03/26 11:37
 連日森友問題が報道を賑わしている。テレビ討論では発言内
容によって私利的かどうかがよく分かる。
 以下傍目八目で率直に意見を述べる。

 籠池氏側については問題点が多々あることは事実である。
学園の教育方針や3種類の学校建設費それに籠池氏夫人と昭
恵夫人との頻繁なメール授受等である。

 問題の本質は、国有地の廉価について政治家や役人の忖度
の有無による売買契約を巡る問題である。

 国有地売買価格について、給食センター等他の例を挙げ、特
別に安くしたのではないという意見もあるが、条件が異なり詭弁
と言える。
 学園経営の不健全性を指摘しているが、これまた的外れの詭
弁である。

 そもそも、土地価格評価の内容を明らかにできないことが問題
であり、関係資料を廃棄したとする財務省の隠蔽工作を疑われ
ても仕方がない。貸貸借の特例も大きな疑問である。
 学校建設を妥当とした大阪府は学園の経営が困難であるにも
関わらず何故認めたのかも疑惑である。

 いずれも財政上問題があるにもかかわらず計画がとんとん拍
子に進んだところに疑惑が生じている。新年度たった1週間で立
て替え金が交付なされいることも疑問である。

 そもそも夫人同士が何故頻繁にメール授受をしていたのか。
総理夫人秘書がなぜ財務省に照会をしていたのか。これについ
て、「ゼロ回答であり問題ない」という与党議員がいるが、ゼロか
否かが問題ではない。首相側を必死に庇っていることが透けて
見える。まるで脇が見えない競馬にも似ている政治屋である。

 公人云々の問題ではない。安倍首相がんばれとか首相名で
の寄付募集や講演会出席初め、特に公設秘書が関わっていた
事自体が、疑惑を招いている重大事なのではないか。
 もはや錯綜した矛盾のせめぎ合いをしても切りがない。
 
 籠池氏の証言は政府与党側の当てが外れたようだが、関係
者全てに証人喚問し、収拾することが首相に求められる。
 それができなければ韓国にも劣ると言いたい。
 国民は結果を判断し、選挙で率直に意思表示すればよい。
(29.3.6)
画像















記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


疑惑深まるばかり 森友問題

2017/03/25 11:47
 安倍首相が夫人の擁護をしているが、根拠のない弁解に聞こ
える。根拠もない発言をしている菅官房長官も問題である。
 
 夫人秘書役の政府職員と財務省との照会は何が目的だった
のか。(秘書は従前の1人から安倍政権で2人とし、更に5人に
増員した。経産省等の所属であるが、それでも夫人は私人だと
言うのか)
 
 籠池氏の首相夫人の「口止めとも思われるメール」証言を首
相は「悪意に満ちている」と批判したが、語るに落ちる。
 
 また、国有地売却や学校設立認可で、政治家の関与がなか
ったことが明らかになったというが、むしろ疑問が深まった。

 自民党は突如、籠池氏の証人喚問に応じたが、政府側の都
合の良い証言だけを取り上げて幕引きをしようとしていること
が透けて見える。
  
 籠池氏は偽証罪を問われる喚問に応じた。これで幕引きで
は一方的であると国民の多くが思っているのではないか。

 籠池氏への喚問は、質問者から自らを税理士だとか元警察
の捜査課経験者などと黄門の印籠のごとく引けらがし、籠池
氏に対し悪印象を与えるために焦点が外れた質問をしていた
ことこそ悪意に満ちた姿勢だと言えよう。
 
 そもそも、問題の核心は国有地の廉価に至った疑惑の糾明
であり、学園の運営方針を質す西田氏の質問は的外れである。
 また、公明党竹谷とし子、自民党の葉梨康博氏の質問も偏見
の印象が強かった。これこそ悪意に満ちているといえよう。
 
 山本委員長の進行も不適切である。喚問に先立っての注意
の通り目的に沿わない的外れの質問は制止すべきである。
 証人喚問は議員以外から複数の委員長の選任が望ましい。

 西田氏は夫人同士のメールで忖度につながる事実はないとい
うが、そのメールが全てであるとは言えない。事実それ以前のメ
ールは昭恵夫人の携帯が水没し不明だと言う。疑問を覚える。
 
 また、財務当局側も局長らが公正な価格で、忖度はないという
が、国有地取引関連の書類は廃棄したといい、これまた疑惑が
深まるだけである。
 そもそも、局長が直接価格を決めることはなく、所管の担当者
や複数の管理職が稟議する筈であり、局長らの証言は石原元
都知事の証言にも似て、責任回避と受け取られ信じられない。
 
 民進党の福山氏が提出を求めた分厚い書類は全てノリ弁であ
ったが、不正がなければ何故隠すのか。
 
 昭恵夫人は講演時に秘書が離れることがないことを秘書にも
確認しているというが、これまた語るに落ちる。
 
 この上は、立証が困難であるだけに、関係者全ての証人喚問
を実施し傍証として国民の判断によることが、政府与党として取
るべき方法だと考える。

 首相夫人が1民間法人の経営者夫人と何故頻繁に情報交換
をしていたのか。そのメールは西田氏が提出したメールは脈絡
がなく、表現も曖昧なところに著しい違和感を覚えるが、都合良
く携帯が水没したということにも疑惑が深まっている。
 政府与党の糾明回避の姿勢は政治不信に拍車を駆けるだけ
であり民主政治の上からも潔しとして欲しい。(29.3.25)
画像
















 

 
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


橋下徹発言聞き捨てならない

2017/03/24 11:47
 米山隆一新潟県知事はかつて橋下徹前大阪市長が率いる日本
維新の会に所属し活動していたが、維新の分裂に対し橋本氏の
言動を批判し確執が深まったようである。

 米山氏が原発再稼働に慎重姿勢を示し知事に当選したが、橋下
市は「頭の悪い知事を持って新潟は大丈夫か」などとこき下ろした
と言うが、事実なら政治家して失格である。

 米山氏はツイッターで応酬したが、一部県議から県政を優先して
欲しいと釘を刺したという。これまた不適切である。

 これに対し米山氏は県政優先は当然であると反論したが、尤も
であり、一方で妄言に対し毅然と反論することも県民代表としてし
て当たり前のことであり、傍観する議員がいるからこそ、不適切な
政治家をはびこらせるのである。 

 政治家の最も重要な資質は、是々非々の立場で誠実性と実行
力を備えた人でなければならない。

 橋下妄言は、新潟県の有権者の愚弄に繋がり、県議もまた軽
視されたことことで、許されないことである。   
 したがって、知事として反論することは当然である。

 橋下氏は大阪府知事から大阪市長に転身したが、かねてより政
治家として疑問を抱いていた。政治は趣味で行うものではない。
 
 橋下氏は案の定市政を巡り、種々の面で物議をかもしたが、挙
句は職員労組を庁舎内から締め出す暴挙に出た。人材が組織の
最大の財産であるとの認識に欠けている。
 国政を狙っているとしたら、絶対に出て欲しくない。(29.3.24)
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


証人喚問のあり方について

2017/03/24 09:45
 23日 「森友学園」理事長籠池泰典氏の証人喚問が行われた。
証人宣誓は厳しい制約がある一方、質問者についても目的に沿
った発言内容が求められている。

 喚問の最大の目的は、国有地売却が低廉に至った経緯と、学
校建設を巡る政治家の介入の有無についてである。

 前例のない借地契約や汚染土壌処理費用算定、学校建設基
準の緩和など、一連の流れは、財務省理財局、国税庁、近畿財
務局、大阪府等が関係していることから、これらの喚問が先であ
ったと考える。

 また、当初籠池氏への国会喚問を自民党が拒否していたが、
急遽証人喚問に応じた経緯についても説明が求められる。

 喚問では籠池氏が3種類の学校建設費について、訴追の恐れ
があるとして拒否し、疑惑解明に至らなかったのは遺憾である。

 一方、自民党の西田昌司氏の「財政難での学校建設計画」に
対する指摘や、公明党竹谷とし子氏の「学校建設取り下げに伴
う土地の返却及び寄付者に対する返礼の有無」等については本
論から外れたもので、籠池氏の悪印象を狙いとする意図が透け
て見えた。
 衆院では、元警察官僚で大阪府警捜査2課の勤務経験がある
とご丁寧に自己紹介をした葉梨康弘議員が質問した。まるで黄
門様の印籠でもちらつかせた積もりだろうが、語るに落ちた。

 委員長が与党議員であることもいかがなものか。

 昭恵氏による100万円寄付は物的証拠がないにも拘わらず、
菅官房長官はその事実はないと断言しているが、愚弄している。

 昭恵夫人の付け人、学園事務員、郵便局員等関係者の証言
による傍証も重要であり、夫人同士の多数のメールも判断材料
となるが、関係省庁幹部の証言を総合して「忖度」の有無が明
らかになると考えられ、国民の公正な判断が求められる。 

 偽証罪に問われないからと関係者は不都合なことは否定する
が、全容によって国民は是々非々の判断をする必要がある。
 一方に組みした意見は自らを貶めることにつながる。

 いずれにしても、首相を巻き込んだ疑惑が世界に注目されて
いることは恥ずべきことであり、首相の政治姿勢と一強の奢り
によるもので、政府与党はそのことが重要議案であるとの認識
が求められているのではないか。(29.3.24)
画像




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


悪徳弁護士

2017/03/23 09:58
 世の中、学歴や地位及び資格に惑わされる傾向がある。
 昔から「悪徳不動産屋」という比喩がある。
全てが悪いのではないが、利益主義に徹している業者を言う。
 
 不動産王とまで言われる人もいる。事業家として成功しても政
治家として相応しいかは別問題である。

 一方、「悪徳不動産屋」の向こうを張る「悪徳弁護士」と揶揄し
た表現がある。

 弁護士、教職者、科学者、医師であってもマルチではない。
 官僚を含め、彼らは優秀であるが、だからといって専門外や経
験したことがない事柄にまで精通しているとは限らなず、むしろ
「専門バカ」と言う比喩もあるように、世事に疎い人を言う。

 経歴や資格に過剰な期待をして閣僚への起用が窺われるが、
ことさら政治の世界では許されない。

 閣僚に専門バカと思しき人が目立つ。保身に偏した人事管理の
無能さにもよるが、コンプライアンスに欠けているからではないか。

  自分の考えが正しいと、独善とぬるま湯に浸っているような有
様について、有権者の一人として自省しなければと思っている。(29.3.23)
画像

 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


百条委の喚問により責任を明らかに

2017/03/21 14:25
 全国自治体の模範となる東京都議会の百条委員会開催状況が
問題になっている。

 豊洲市場土地問題で取得をめぐり権限委譲された浜渦元副知事
と委譲した石原元知事の証言は疑問が拡大するばかりで、真偽を
質すことが困難な見通しである。

 最大の問題は豊洲に決定した経緯と、汚染土壌にかかる土地売
買に伴う瑕疵担保責任の問題である。

 これまでに明らかになっていることは、知事引き継ぎで豊洲移転
は既定路線であったとする思い込みであり、副知事に買収交渉を
任せていたこと、委任された副知事と東京ガスとの売買交渉が成
立しそれ以降のことは副知事が承知していないこと、瑕疵担保責
任の東京ガス免除の契約がなされたこと、これについて石原氏が
理解していなかったこと等が判明したと言える。

 喚問による石原氏の答弁は従前と変わりはなく、記憶にないと
繰り返しているのみならず、豊洲移転延期の影響を巡り、科学軽
視だと小池知事批判を繰り返している。移転は喚問に関係ないこ
とであり、時間の浪費につながり自らを貶めている。

 石原氏は、脳梗塞疾患を理由に喚問時間短縮や記憶障害を訴
えているが、高齢を前提に庇う事は当たらない。現に問題の核心
と遊離している持論を滔々と述べていることからも言えよう。

 今後問題の確証を得ることは難しいが、全ての証言について責
任の所在と正否が判断されると考える。(29.3.21)
画像

否が 


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


疑問を覚える百条委員会

2017/03/21 11:39
 国会審議について、会派の規模によって質問時間が制限されて
いることに疑問を感じているが、東京都議会の百条委員会でも同
様で、不適切であると考える。

 国会であれ地方議会であれ質問は有権者を代弁するもので、
会派によって質問に制限を設けることはいかがなものか。

 豊洲問題の百条委員会について述べたい。
 第1に質問時間が5分や9分に制限されいることである。
質問者は会派の代表として有権者へのアピールの場であるが、限
られた時間であり重複しないようあらかじめ配慮すべきであろう。

 1分でも惜しまれるなかで、質問者ごとに証人に出席のお礼を言
うのはこの場合無駄だと感じた。

 質問内容が不十分だとの指摘もあるが、時間制約で証言を引き
出し確認するだけで精一杯である。
 
 一方、予定した4時間の喚問時間を証人の希望で1時間に短縮
したが、不適切であった。
 証人は採決の責任を認めたながらも、肝心なことは記憶にないと
しているが、関心が薄いことは人任せであったとから、記憶がない
というのはうなずけるが、認識が欠如していたと言える。
 
 豊洲移転が既定路線であったとの認識や瑕疵担保責任に対する
安全対策の理解不足に加えて、多大な税金投入に関わる契約を
部下任せとした事の責任は免れない。

 そもそも百条委員会に喚問される当事者となるに至ったこと自体
が重大問題であるにもかかわらず、都議会の責任だとしており整合
性がない。

 石原氏は、脳梗塞罹患を理由に記憶云々としているが、東日本震
災応援など無関係な堕弁をし委員長に注意されたが、喚問に、無関
係な小池知事の対応についてまたしてもピントがずれた独善的な持
論を述べていたが、これでは時間短縮理由に違和感を覚える。

 汚染土壌問題は他額の資金を要するが、石原氏は「瑕疵担保責任」
の理解についても疑問を感じる。
 これまで「瑕疵責任」という誤った表現をしていたが、喚問でも同様
であった。
 「新銀行東京」の4百億円公的資金注入に際しても、筆者は武士の
商法だと指摘したが、所詮それが不祥事の根源である。

 石原氏は、喚問宣誓で職業を作家の述べた。
 証言で記憶喪失や部下委譲を繰り返して返したが、偽証罪回避の
詭弁だとしか恩われなず、事実とすれば重大な怠慢である。
 重職にあるほど慎重さが求められるが、専門知識がない事を理由
に部下任せすることの良否は、ことの軽重による。
 
 「専門バカ」というが、作家など著名人だから首長に適しているとは
限らない。有権者も心すべきであろう。(29.3.21)
画像















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


役所のずさんな管理が政治をゆがめている

2017/03/21 09:14
 「親方日の丸」と言われるが、新卒の就職先第1希望は国家公務員
で、第2位は地方公務員だというが、学生の敏感な社会観だといえる
のではないか。

 理由は終身雇用の安定性と給与ベース等が魅力なのであろう。
しかし公務員でも警察を除くと言うから、あまりに現実的と言えよう。

 一方、その公務員の実態は杜撰な管理で、保身に汲々としており、
およそ公僕精神とかけ離れているように思えてならない。

 文科省の天下り問題で調査の結果、新たに違法事案が続出した。
外務省など他省庁でも違法事実が判明し、今後の広がりが注目され
ると言うから由々しいことである。

 コンプライアンスの重視が叫ばれ、我々民間では職場を挙げて研修
に取り組んできたが、手本となる「官」にしてこの体たらくである。

 天下りによる影響は大学初め公共施設等の助成金受給等運営をゆ
がめており、健全な発展の阻害と、国民の利益の侵害につながる。

 筆者は長年地域の町内会や自主防災会の運営に携わってきたが、
行政の無責任対応に著しい不信感を抱いている。
 具体的には次のとおりである。

 災害発生時の車による避難について、市の総務課と危機管理課の
異なった扱いを指摘したが、回答がない。
 また、町内公園内に、市の許可で防災機材格納庫を設置したが、増
設申請に対し、以前の許可は所管違いで誤りだったとし、否認された。
 それぞれが市の代表であるという認識がまるでないことによる。

 更には、要援護者避難用に1両6万円余のリヤカーを順次4両揃え
たが、車いすと異なり人運送用でないとして、訓練使用を禁止された。
 いずれも運営から10年を経過している。
 関係セクションと全く合議せず、独善的姿勢が明らかである。

 これまでの10年間、町内会の助成金で運営に苦慮しながら、行政
指導で優先して弱者避難用としてリヤカーを揃えた矢先である。
 変更の理由は、車いすは人の運送用だから良いというが、リヤカー
とどれほどの違いがあると言うのだろうか。
 道交法等を楯にした縦割り行政の欠陥だと言えるのではないか。
 
 災害発生時には臨機応変の迅速な対応が求められている。
東日本大地震の津波対応でも、幼稚園長の保育士ワゴン車使用と、
避難指定によらない私有地の対応で多くの園児救助につながった。

 行政の事なかれ主義や怠慢、それに独善が問題である。
そんな行政に憧れている新入者の姿勢が悪循環を招いている。
 賃金べ―スや安定性を望む人より、ボランテア精紳に富んだ人材
を選ぶことこそが行政に求められているのではないか。

 改革するには教育方針の改善初め種々の政策が求められるが、
それが政治家の役割であり、それを選ぶのは有権者である。
(29.3.21)
画像


 


 








 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


証人喚問を機に抜本改革を望む

2017/03/18 13:38
 事実は一つと言うが、総理や防衛相の疑惑や虚偽発言が現実
のものとなっている中で、事実を究明する必要がある。

 閣僚が国会審議で追及を受けることこと自体由々しき問題であ
るにも拘わらず、自民党は参考人の国会招致を拒否してきたが、
ようやく証人喚問に同意した。
 
 しかし、疑惑を晴らすためには物的証拠が必要であるが、それ
がなければ関係者の証言により、国民がどう判断するかである。

 一方、虚偽発言が明らかな稲田防衛相は責任を負うべきであり、
今後職責に努める等の釈明は、事の重大性と閣僚の重責から安
易に許容できないことであろう。
 しかも、違憲や自衛官の生命の危険に関わる国防と言う重大な
役割であることからも、首相の任命責任は重い。

 稲田氏が汲々と閣僚の座に座っていても、防衛大臣としての任
務を全うできるとは思われず、国民にとって不幸なことである。

 首相は、稲田氏に辞任または更迭を図るとともに、国有地払下
げや豊洲市場問題で生じている数々疑惑発生の根源について
究明し、再発防止に努める必要があると考える。(29.3.18)
画像
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


体制迎合風潮が政治をダメにしている

2017/03/18 11:49
 むかしから「寄らば大樹の陰」とか「勝てば官軍」と言われる。
いずれも利己主義を比喩した諺であるが、現状はこのような傾向
が強まっているいところに悲墳を感じる。

 わが国は敗戦を喫したが、それまで神国と称し天狗になってい
ただけに、敗戦は思いもよらなかったものの、敗戦処理の結果
は他の敗戦国に比べ恵まれていたと言えよう。
 しかし、そのことが中途半端な環境につながったと言える。

 ぬるま湯に入っている間は風邪をひかないが、多くの国民はそ
れを良しとして、当たり前だという風潮であったようだ。

 このような風潮が今日に到っているように思えてならない。
著しい格差の現実にも拘わらず是正できないのが実態である。

 「活かさず殺さず」は徳川政治の士農工商の厳しい身分制度
によるもので、アジア諸国の歴史にも似ていたが、敗戦後民主
主義の下で変革したものの、不完全だと言えよう。

 あくなき利益追求によるブラック企業の存在や低賃金を条件に
実質定年延長で酷使し、時に過労死に追いやっている。
 
 一方、政治家は主義や思想に関係なく寄らば大樹の傾向の
根強さが政治をゆがめている。
 その上役人とのなれ合いで、不祥事が後を絶たない。

 国会は非生産的な問題で紛糾し無為な時間を空費している。
だからと野党の追及を廃すれば疑惑は闇に葬られ、国民の権
利が侵害されたままとなる。
 野党追及を批判するなら自らの対案を示すべきである。

 カビが生えた教育勅語を未だに称賛する。これでは是々非々
と言えない。表現の自由と言うが無責任社会と言える。
 最高指導者が疑惑にまみれ、閣僚が虚言を連発している。
 これでも寄らば大樹なのか。勝てば官軍なのか。呆きれる。
これでは日本は良くならない。(29.3.18)
画像







 


 





記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


封建制と組合の存在が問われる 銀行の合併

2017/03/18 10:28
 新潟県内地銀トップの第四銀行と第二位の北越銀行が18年
春をめどに統合する方針だという。 
 両行前でのマスコミによるインタビューでは出勤する殆どの行
員が、報道で知り驚いたという。

 筆者のもう一つの驚きは、このような重大事について行員が事
前に知らされていなかったことについてである。
 
 両行は長年競合関係にあり、その動向は県内経済にも影響を
及ぼすが、支店の統合や従業員数の削減等行員にとっても大き
な関心事であるにも拘わらず、従業員よりマスコミ報道が優先さ
れているように思われることである。
 
 銀行の統合・合併が全国各地で進められているが、超低金利
政策による収益悪化が原因であり、企業防衛上やむを得ない。
 しかし、従業員への理解の対応が後回しであり、封建体質が
窺われるが、やはり労働組合の存在と姿勢が問われる。
 筆者が勤めていた銀行では従業員優先であった。

 それにしても銀行の対応は、安倍政権の民意を無視した強引な
政治姿勢と相通じるものが感じられてならない。

 体制迎合やアンチ主義を廃し、是々非々に徹して声を挙げるこ
とが、国民に求められているのではないか。(29.3.18)
画像










記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


輝く筈の女性が次々と首相の足を引っ張る

2017/03/15 16:52
 安倍首相は女性が輝く社会を提唱して、女性の管理職登用を
促してきた。
 自らも第2次改造内閣では5人の閣僚を登用したが、国会内
でのスカーフ着用や団扇問題などもあり更迭されるなどして、
現在女性閣僚は僅か15%の3名となっている。

 その上首相の秘蔵っ子として、将来の首相候補とまで期待さ
れている稲田防衛相が与野党から批判を浴びている。

 稲田氏は当選3回で、行革担当相、政調会長、防衛相に抜擢
されたが、弁護士であることや、特に政治信条が首相に近いこと
等により異例の抜擢をされてきたという。

 その信条が教育勅語の推奨等に結びついているように思われ
ることや、戦闘を武力衝突だと弁明していること、森友学園問題
での虚偽発言など1連の発言が首相の足を引っ張っている。

 国会での追及に対し、稲田氏は対応について首相に「お伺い
をしたという。
 「期待は大なるほど裏切られた時の影響は大きい」と言うが、
稲田氏の辞任要求は安倍政権の大きな代償となっている。

 昭恵夫人に次いで安倍首相の不信につながっている。
任命責任を明言しながら、国会で庇う発言は責任を負うことに
反しているのではないか。

 この上は、疑惑解明のため関係者の国会招致を実現し、早
期に収束すべきだと言うのが民意であると考える。
(29.3.15)
画像







 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


森友学園疑惑は国会招致解明が必要

2017/03/13 15:54
 繰り返し言及してきたが、日を追うごとに森友学園籠池前理事長
の発言は教育者としてあるまじき印象を深めている。
 小学校建設申請を取り下げ、理事長を退任したが将来学校設立
に再起を果たす方針だと述べた。狂気の沙汰と言いたい。

 土地取得価格、助成金申請基準の建設費、政治家への働きかけ
の有無等々疑惑が全て闇の中である。

 国有地払い下げの経緯について世調では86.56%が不適切と
答えており、政府の説明不十分は87.6%に達している。

 一連の疑惑解明のため、籠池前理事長らの国会招致について、
74.6%が賛意を示しており、自民支持層でも招致拒否に納得で
きないは46.3%と、納得できる44.5%を上回っている。

 稲田防衛相の教育勅語発言についても71.8%が反対し、閣僚
の資質を問うており、首相の任命責任は大きい。
 
 内閣支持率は2月より6%減り55.7%に下落した。
 安倍首相は、自らの疑惑を否定しているが、一連の疑惑につい
て解明しようとする努力が見られない。国会招致によらなければ
解明できないことは明らかであり、それでも拒否したいとなれば疑
惑は深まるばかりであり、国民に対する背任と言えるのではないか。 

 衆愚政治とならないためにも、有権者は挙げて徹底糾明を求める
必要があると考える。(29.3.13)
画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


民意に沿っているとは思われない

2017/03/13 15:47
 陛下の退位について衆参両院正副議長は、与党提唱の1代限り
とする方針を固めたという。
 これに対し、典範抜本改正を掲げる民進党は特別法容認の党内
集約を図ると言う。
 双方歩み寄りの妥協とも見られるが、疑念が残る。

 大島衆院議長は、今回の退位を先例とし、将来の天皇も対象とす
る表現にするよう促す考えだと言うが、違和感を覚える。
 政府は抜本改正について、政治的影響の思惑を理由として特別
法措法を適切としているが、特別法に将来の天皇も対象とすること
を担保するというのであれば、抜本改正とすべきであると考える。

 11,12日の世論調査によれば、政府方針の「1代限定の特別法」
の支持率は27.6%に留まり、「典範改正による全ての天皇に適用」
の支持率が63.8%となっており、これが民意である。

 与党議員の全てが政府方針について一致しているとは限らず、政
策方針や情勢に応じた民意の尊重こそが重要であると考える。
 歩み寄りは、早期解決に向けたやむを得ない妥協と見たが、数に
よる影響の悲哀が窺われる。(29.3.13)
画像





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

地下室の窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる