アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
地下室の窓
ブログ紹介
 世の中矛盾していることが多い。殊に政治の世界で感じる。
一人で叫んでもどうなるものではないが、せめて本欄で自分なりに批判しストレス解消の一助になればと思っているが、批判するからには確度が必要で調査に時間が掛かる。
 個人中傷は後味が悪いのでなるべく避けたい。
また、批判だけでなく、自分の意見を述べるように努めている
が、矛盾だらけの政治に飽き足りずストレスが増す。
 いまは、誤字・脱字の防止や表現力に努めボケ防止に努めている。多数のコメントに深謝。ご返答しないこと容赦願います。 
 
 
 
zoom RSS

隠蔽体質こそが疑惑の温床

2017/05/27 16:31
 久しぶりに気骨のある官僚<元)が現れた。
前文部次官の前川喜平氏である。

 加計学園の獣医学部新設計画を巡る、政府側関与の疑惑を
深める文科省作成の内部文書を公開した前川氏が記者会見は
近年にない一縷の清流といえよう。

 菅官房長官は、文書の公開前「出所不明の怪文書でとるに足
らない」としていたが、公開後は「文科省の調査により該当文書
は発見できなかった」と断言している。

 しかし、獣医学部新設問題は長年の懸案であり、経済特区設
置により、これまで15回もの申請我却下されたにもかかわらず、
加計学園の設置が認可されたが、同学園は安倍首相の親友が
理事長であるところに政治関与の疑惑がある。

 官邸は一切関与してないと拒否すれば立証されないかぎり、事
実は闇に葬られるが、これが隠蔽体質の恐ろしさである。

 前川氏の公開文書には、官邸関与の事実が窺われるが、文書
作成者は不明であるというから、そもそもこのことが隠蔽を疑わ
れても仕方がない。このような重大事項について記録がないとし
たらそれ自体が問題であると言えよう。

 関係記録文書については、自衛隊の日報や森友学園の国有地
払下げ問題でも虚偽の説明や常識を逸脱した破棄処理が重大な
問題になっているが今回も同質性が窺われる。

 前川氏に対しては、天下りを巡る問題で引責辞職したことや、出
会い系バー通い等を引き合いに批判しているが、印象操作の何
物でもなく、無関係なことであり批判者の良識を疑う。

  G 7首脳会議に出席する安倍首相に渦中の昭恵夫人が同伴す
るとマスコミは報道じている。

 前川氏の説明は取り扱い当事者であり、文科相内部で共有され
ていたとする文書の内容は信憑性が高い。にもかかわらず作成者
が不明であることは到底信じがたい。

 証人喚問に応じると言う前川氏の意志を尊重し、国民の疑惑に
応えるためにも政府与党は応じることが国会の責務である。
 「一強」が「みんなで渡れば怖くない」現状を憂うる。(29.5.27)
画像





















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朴前大統領と安倍首相の疑惑

2017/05/24 10:58
 朴前大統領の収賄等を巡る裁判でで朴氏は全面否認したが、
信じる人がいるだろうか。
 有罪の立証は今後に期すが、少なくともセウオール号沈没事故
事の7時間の所在について不明であったことは事実であり、この
一事を以ってしても大統領失格であると言えるのではないか。

 一方トランプ大統領のロシアとの機密漏えいを巡り、弾劾裁判が
とり沙汰されているが、自らの調査を隠蔽するためFBI長官を罷面
したことにより、支持者の疑惑が高まり支持率が低下した。

 このことは、暴言とも思えるトランプに変化を求めていた支持者
が裏切られたことに気づいたことの表れだと言えよう。

 わが国では安倍首相の忖度を巡る疑惑が相次いで現れ、国民
の多くが疑惑を抱いているが、確証が得られれないまま、不満が
くすぶっている。

 こうした中で、韓国新大統領との首脳会談が予定されているが、
親北朝鮮であることから期待することはできないだろう。
 慰安婦問題については予想どおり10億円が食い逃げされた。
「合意」は法的根拠はないというが、2国間の約束がいとも簡単に
破棄されることに呆れる。拉致問題と同じであり、もはやこのよう
な国を信頼することはできないと言えるのではないか。

 首脳の交代により基本方針が変わるところに政治の貧困さが
あり、国民は愚弄され続けている。

 重大な疑惑を抱えていても枕を高くして眠ることができる政治家
がまかり通っているところに問題があると言えるのではないか。
(29.5.24)
画像














記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「人間失格」大西英男議員の妄言

2017/05/23 08:50
 自民党大西英男衆院議員は、かつて2015年6月に「マスコミ
を懲らしめるためには広告料収入がなくなることが一番だ」と発
言し、党から厳重注意を受けた。また、昨年3月にも「みこさんの
くせになんだ」と女性蔑視とも受け取られる発言で批判を浴び謝
罪した。この時点で議員失格である。

 その彼が今度は、受動喫煙の防止策を議論した党厚労委で、
がん患者に関し「(がん患者は)働かかなくていい」との主旨のヤ
ジをしたと言うが、批判に対し、「私は父母をがんで亡くし、がん患
者を差別する気はなかったとして発言を撤回する気はないという。

 これに対し、野田佳彦民進党幹事長は、記者会見で「議員資格
なしと言うより人間失格だ」と非難したが全く同感である。

 大西氏は70歳であるが、再三の妄言の非難にも拘わらず、「差
別しょうなどという気持ちは頭の片隅にもありません」言い訳をして
いるが、正に人間失格である。
 「三つ子の魂百までも」と言うが、言い訳するなら初めから発言し
なければ良く、語るに落ちる。
 総理初め疑惑解明努力なしに、言い枠に終始していることがま
かり通っているが、良識ある国民の心に確りと焼き付いており、安
倍政権終焉の始まりだと言えよう。
 民心を騙す政治家を排撃する意気を全国民的に高めて欲しい。

 大西のような男が国会議員であることに腹が立つ。これではまる
で特権階級の意識であり、国民の代弁者とは言えない。
 支持者の良識を疑う。(29.5.23)
画像








 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


対北への危機対応方針が見えてこない

2017/05/16 11:40
 地球上で新たな細菌が発生し開発途上国はじめ人命に危機が
生じている。
 また、大規模なサイバー攻撃による企業が深刻な打撃を受けて
いるが、北朝鮮による資金強奪にまで発展している。

 一方、北朝鮮によるあくなき核開発が、国際社会の警告をよそに
に、「蛙の面に小便」よろしく進められている。

 米・中・韓共に対話による方針を模索しているが、北の暴挙には
対してはもはや全く効果がないというのが実態である。

 こうした中で、北のミサイルはドンドン進化しており、米国の危機
感が最高潮に達しつつあるが、このままで金正恩の常軌を逸した
思いのままになるばかりで、人類の平和にとって不測の事態なな
りかねないことが危惧されている。

 北が新たなミサイル発射の都度、わが国は「関係国と緊密な連
絡を取り、万全な態勢で臨む」と繰り返しているが、具体的な方針
は何ら示されていない。

 国連安保理ではその都度制裁決議をしているが、北は網の目
をくぐって外貨獲得に奔走し、核開発につぎ込んでいるのが実情
で、国際社会の包囲網が効果されてういるとは思われない。

 このままでは、取り返しがつかないことも予想されるが、最も近
い脅威にさらされる隣国として、より深刻な事態への対応につい
て、具体的な方針を明らかにすることが必要ではないか。
 米国との同盟強化と言うだけでは他力本願で、基地問題で内紛
しているようでは益々北になめられているのではないか。

 そのうえ、共謀罪初め改憲にのめり込んでいるようでは、国を守
ることはできないといえよう。拉致問題も解決されない。(29.5.16)
画像




















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


開催ありきとも思われる五輪計画の醜態

2017/05/16 10:33
 なり物入りで2020年に東京開催の五輪誘致を実現した。
五輪の目的から自国で開催することには賛成である。

 しかし、開催が決まってからの経緯に著しい疑問を抱かざるを
得ない。

 そもそも競技場の設計や予算及びエンブレムを巡り紆余曲折
の混乱があった。設計プランの変更によって多額のキャンセル
料負担が無駄になり、エンブレムについても盗用疑惑によって
醜態と混乱を生じた。

 これらの基本計画がようやく整ったところ、今度はボート競技会
場などを巡り自治体の争奪戦が行われたが、それが収束すると
今度は国・都・開催県、JOCの費用負担を巡る混乱である。

 都議選に絡み政争の具にされていると批判が出ている。
これらを総合してみると、五輪開催ありきの様相で、後は「野とな
れ山となれ」の感がしてならない。

 その上、各競技場は五輪終了後も活用するというが、、仮設場
所は取り壊すというから、膨大な建設費が無駄になる。

 このことは、国として基本計画が明確でない中で誘致した結果
であり、指導性の欠如と言わざるを得ない。五輪担当相が首相の
指示によって費用負担方針を示すようではいかがなものか。

 いずれにしても多額の費用負担について基本的な方針が不十
分であり、種目別開催自治体に対しても影響を及ぼしている。

 その結果、国際社会に対して信用を貶めているが、それまでし
て五輪の開催が必要なのだろうかと疑問が生じるが、身を呈して
日夜努力している多くのアスリート達初め国民の期待に応える健
全な開催が望まれる。

 そのためには為政者が恣意性による政争の具に利用することは
絶対に許してはならない。(29.5.16))
画像


 











記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


安倍首相の理解できない国会答弁

2017/05/10 16:12
 改憲について国会で論戦が行われているが、安倍首相は野党が
主旨説明を求めたことに対し、総裁として述べた読売新聞掲載記
事を熟読して欲しいと交した。その上、与野党の審議会もあり、国
会の場で首相として発言することは適切でないと強調した。

 一方、自民党内でも審議がない中で首相が独断で総裁として所
見を述べているこことについて異論があるが、首相と総裁の立場
を使い分けして持論を展開しているところに違和感を覚える。

 また、森友学園への国有地払い下げ問題でも、疑惑解明の姿勢
が感じられず、関与していないとの一点張りで逃げの一手である。
 あまつさえ、野党からの「関与していないどころかずぶずぶの関
係である」と指摘されたことに対して、「立証もなく、そのような批判
をするから民進党の支持率が低下するのだ」などと的外れの、感
情的反論に終始している。

 国民の多くが、疑惑を抱いているにも関わらず、昭恵夫人らの国
会参考人招致を拒否しているが、これでは疑惑は深まるばかりで
ある。

 「火のないところに煙は立たず」というが、一国の首相たるもの、
疑惑を抱えたまま、国政をつかさどることは、あらゆる面で悪影響
を及ぼすことであり、許されない。

 北朝鮮によるミサイル発射の緊急警報により鉄道が混乱した。
米国や中国は、北の暴走制止のため、それぞれのシグナルを送っ
ているが、隣国のわが国は最も危機が高いにも拘わらず、具体的
な対応がなく、他力本願の様相であると言える。(29..5.10)
画像



)




 





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


二階幹事長妄言許されない

2017/05/10 16:06
 都議会のドンと言われた人物が国民の顰蹙を買った。
 また、浜渦元副知事が、都議会の百条委員会で偽証罪に問われ
ている。

 いずれも都議会を牛耳っていたとされる人物で、議会の民主的運
営を少なからず阻害していたと言える。

 一方、国政では今村復興大臣が妄言を非難されたが、舌の根も
乾かないうちに再び常識を逸脱した発言をして更迭された。

 更迭は遅きに失したと思うが、これに輪を掛けて派閥領袖の二階
氏がこれまた政治家として相応しくないマスコミ批判をして、内外か
ら批判を浴びている。

 二階氏は面倒見の良い親分だと言うが、ドン的存在で、上述の都
議会のドン的存在にも似ている。今村氏が派閥の一員だからといっ
てマスコミ批判をした発言の庇護は許されない。
 上から目線の奢り高ぶりとしか思われない。
 
 安倍首相は、今村氏の再度の妄言で、間髪をいれず更迭に踏み
切り、自らの任命責任を認めたが、野党の追及を交わす魂胆であ
ることが透けて見える。これで任命責任を取ったとは思われない。

 一強と言われるにしては、このような人物しかいないのだろうかと
言われても仕方がない。
 政権の受け皿がないからと独善であってはならない。 
 大臣になることがが目的であるような実態では、日本はダメにな
ってしまう。
 
 一方、小異を捨て大同に着く野党共闘こそが重要であると考える。
 チミモウリョウが跋扈しているような国際社会で、大国同士の覇権
争いが激化し、保護主義の矛盾が拡大している。

 北朝鮮の悪辣さは、核による一触即発の危険を孕んでいるが、
打開の決定打がない。一方、イラクでは悲惨な内戦が続き犠牲者が
後を絶たず、難民が続出している。

 また、国内では連日のように不祥事や事件・事故が後を絶たない。
これらの事態に対し真剣な対応が求められ、政治の要諦と言える。
(29.5.10)
画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


商工中金処分と国の杜撰な管理体制

2017/05/10 11:10
 政府が株式46%を保有す政府系金融機関の商工中金で、不正
融資が発覚し、業務改善命令が出された。

 行政処分を受けたのは1936年の設立以来初めてだというが、世
耕弘成経産相は、「役員の減給処分だけで済む話ではない」と明言
したとことについて、強い違和感を覚える。国の検査管理体制の杜
撰さが指摘されるからである。

 商工中金は、業績悪化した中小企業に融資する公共的性格を有
する事業で、政府の「危機管理対応融資」の重要施策である。

 しかし、第3者委員会の調査によれば、各店で月末の融資残高目
標を達成するため、融資企業の経営悪化を見せかけるよう書類を偽
装していたという。しかもみんがやっているという慢性的な状態であっ
たというが、調査では故意でないとの口裏合わせまでしていたという
から悪質だと言える。

 調査は、危機対応融資約22万件のうち約13%の2万8千件に過ぎ
す、更に増える見込みだと言う。

 中金社長は経産省元事務次官の安達健祐氏で、天下り官僚である
が、部下に当たる宮本中小企業庁長官から改善命令書を受けるのも
皮肉である。

 設立後80年も経過しており、俄かに不正が発生したとは思われない。
万一多額の焦げ付きが発生するなどして経営不振ともなれば、国民に
しわ寄せされる重大な問題である。
  筆者はかつて民間金融機関勤務の際、一定周期で幾度となく大蔵
省の厳しい検査を受けたが、同中金にた対する政府の管理対応は甘
すぎるとしか思われない。
 世耕氏の言う「減給処分だけで済む話でない」は当然で、これまでの
政府の管理体制についての実態あ、厳しい処分対応について国民に
納得いく説明をして欲しいものである。
 天下りや民営化を巡っても重大な影響を孕んでいる問題である。 
(29.5.7)
画像






 


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


要領を得ない北への対応方針

2017/04/30 11:37
 北朝鮮がまたミサイル発射の暴挙に出たが、安倍首相は日米同
盟を強化して関係国との連絡を密にして情報収集に努め、万全の
体制をとると言う。

 一方、総務省はミサイル落下など万一の場合、強固な建物に避
難し、家庭にあっては、窓のない部屋に避難することを勧めている。

 いずれも具体性がなく実態と遊離しているrとしか思われない。

 北朝鮮が今般のミサイル発射の失敗で、さらなる打ち上げを計画
しているとの観測もあり、万一不測の事態も懸念されるが、空母カ
ールビンソンの日本海近辺の駐留で北朝鮮の暴挙を阻止すること
が危ぶまれており、わが国は座して待つというのが実態である。

 北朝鮮が中国の意向により、融和の方針に転換することは考え
にくいことから、国際社会が挙げて北朝鮮の包囲網を強化し、核
開発を思い留まらせる方策が求められており、もはや抽象論では
済まされない状況にあると言える。(29.4.30)
画像



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今村復興相妄言首相はどう責任取る

2017/04/26 05:43
 今村復興相がまたもや妄言を吐き辞任に追いやられた。
このご仁一体どういう神経をしているのだろうかと疑う。

 前回の、「福島避難者の対応は当事者の自主責任」との発言に
加え今度は「大地震が東北で良かった」との妄言は、閣僚以前に
政治家としてまた人として許されない発言である。

 同氏は東大卒で二階派に属し、当選7回だというが、70歳とは
思えぬ貧相で気短な気性のようであり、こんな男が真に国民の立
場に立った政治ができるとは思われない。

 その言動は、国民を愚弄し、震災被害者の気持ちを逆なでする
何物でもない。
 上から目線で国はやるだけの事をやったとうそぶいており、こと
もあろうに舌の根が乾かないうちにまたもや常識では考えられない
妄言を繰り返したことは、もはや政治家に値しない。

 部下が株主に損害を与える重大な不祥事を起こしても、社長が
責任を取らなくて済むわけがない。

 野党の頼りなさもあるが、1強と言われる大政党にこのような閣
僚が多いことに不甲斐なさを感じる。

 巷間、事件・事故・不正が絶えない。外遊も良いが、足元を固め
ることが急務である。
 政治家は、「修身・斉家・治国・平天下」を常に心がけて欲しい。
(29.4.26)
画像

                      ー さんしゅうー




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


国民は政治のひずみを認識して欲しい

2017/04/23 16:27
 福島第1原発事故による避難地域が解除されたことに伴い、自主
避難者の住宅費援助が打ち切りとなる。
 しかし、種々の理由で避難先から帰還できない生活困窮者が多い。

 今村復興相は、こともあろうに「国はやるだけのことはやった。後は
本人の自主判断であり、地元の自治体が対応すればよい」として突
き放した。正に妄言である。

 国策として進めてきた原発事業であり、目的がいかに理想的であっ
ても、不測の事故であり、住民が犠牲になることは許されない。 
 安全神話と言う恣意的な政策の崩壊による何ものでもない。

 現に、極論すれば廃炉作業の見透しはなく、費用は限りなく増加し
ているのが実状である。その上免震重要棟の事実誤認や新たに柏
崎原発敷地での活断層の発見など、原子力規制委員会の新基準に
より見直される可能性が生じているなど、再稼働に重大な影響を及
ぼしかねない。
 
 もはや安全神話は崩壊し、人命の危機につながる恣意的な政策
であると言えよう。福島事故を範とし、複数の国が原発廃止に踏み
切ったいうが、地震国日本こそ見習うべきであろう。

 一方、豊洲市場移転延期による損失等の責任は小池知事にある
と言うが、最大の責任は石原元知事にあると考えるのが当然であ
り、小池知事の問題意識がなく既定路線だとして移転を進めていた
ら、将来重大事につながりかねない問題だと見るべきであろう。

 事の性質は異なるが、1400億円もの投資をした「新銀行東京」
が経営破たんし近く吸収合併される。
 武士の商法もいいところで、設立責任者の石原元知事は無罪放
免となっている。議会も不問の様相であり、責任をとる者がいない。
 
 また、9億円の国有地を1億円で安売りした国民の損失も総理夫
人の忖度を巡る財務省の不適対応は明らかであるが、立証の壁に
阻まれお蔵入りの公算が強い。

 このところ、事件、事故、不正、不祥事が目に余るが、国民の多く
は対岸の火視しているのが現状である。
 何時までもぬるま湯に浸っていられる保証はない。
 政治のひずみであるとの認識を国民は深める必要がある。
(29.4.23)
画像






記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


安倍政権の賞味期限

2017/04/22 11:55
 ならず者金正恩の非人道的ふるまいによって世界は一触即発
の懸念が高まっている。

 北の核やミサイルそれに化学兵器による攻撃を受けた場合、我
が国はどう対応するかの深刻度が増しており、米国の庇護に依存
しているだけでは済まない現実の問題化しており、真剣に検討す
る時期に来ているのではないか。

 こうした中にあって、国内では共謀罪法案を巡り国会が紛糾して
いる。一方、国有地安売りや豊洲市場問題など政治家の不作為
による責任回避による混迷が続いている。

 いずれも国民にとっては、多額の税金の無駄遣いに関わる重大
な問題である。

 一方、政治家の妄言や不的発言それに」不祥事が目に余る。
稲田防衛相、今村復興相、山本地方創生担当相、、金田法相、宮
崎衆院議員、務台内閣府復興政務官、中川経済産業政務官等の
あるまじき言動である。

 相次ぐ閣僚の不適切言動について、安倍首相は擁護するだけで、
もはや保身のためとしか思われないことは誰もが感じている。

 中川政務官について、菅官房長官や二階幹事長はいずれも「進
退は本人が判断すべきである」というが、これまた保身の姿勢に他
ならない対応だと言いたい。

 自民党総裁の任期延長が決まり、安倍首相は長期政権を目指し
ていることは明らかであるが、もはや賞味期限が過ぎたことを支持
者は意識する必要があると考える。
 野党の政権実現が無理であるとしても、1強のおごり解消のため
選挙で意思表示すべきであると考える。

 巷では、連日のように事件・事故が起きている。政治とは全く無縁
だとは思われない。

 「忖度」が今年の流行語になるかは別として、総理夫人らの政治
介入を巡る疑惑は現実である。拉致問題同様に身を賭して解決に
努力しているとは到底思われない。(29.4.22)
画像












   





記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


国有地廉価解明責任果たすべきだ

2017/04/14 15:14
 菅伸子元菅首相夫人が、昭恵夫人について語っていた。

 現役の役人5名を夫人付きとしていたことについて、自らは一
人だけであったが、首相の外交関係の用務のみに限っており、
明らかに公務と認識していた。
 私的な用務について必要な場合は、全て事務所の秘書により 
行っていたという。
 
 また、周辺からの依頼などについては、首相夫人という認識の
下で対応し、その影響から、安易に引受けることはなく、首相に
全て報告していたという。

 森友学園との国有地売買価格決定について、昭恵夫人の関
わりが重大な疑惑となっているが、その要因は昭恵夫人の「素
直で無防備かつ無邪気な性格」によるものだと述べている。

 更には、土地価格経緯を明らかにする記録が廃棄されている
ことに対し、規則に沿ったもので問題ないとするなら、規則を決
めた財務大臣が責任を取る覚悟で解明するべきであると指摘し
ている。

 これらのことは、筆者がこれまでにも本欄で述べた通りで、常
識ある人ならそう考えることが当然であろう。

 ファーストレデイだからと、夫人の付き人を安倍首相になって
から従前の2名から5人に増やす必要があるのか。税金の無
駄遣いに他ならない。その上時間外であり公務でないと詭弁を
しているが、誰も納得しているとは思われない。

 その上、土地取引価格の記録書類は1年経過し、1件落着し
たから廃棄に問題はないというから呆れる。
 貴重な国民の財産売却に関する記録であり、保存期間が明
らかに問題で、何故廃棄を急ぐのか。電子記録はないのか。
 これでは、隠蔽体質のそしりを免れない。
 
 今、国際情勢が緊迫化し、国内では共謀罪審議などで混沌と
しており、森友疑惑問題などは脇へ追いやられているが、これ
で幕引きにするようでは政権の不信のさらなる拡大につながる。
 憲政史上からも、迷宮入りにさせてはならない。
 先ず以って昭恵夫人の証人喚問などを行うべきであろう。
(29.4.14)
画像
 









 

 




 
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


民進の長島氏除名について思う

2017/04/12 17:01
 民進党の長島昭久氏が離党届を提出した.。
 離党の理由を「共産党と共闘する民進党の方針は受け入れが
たい」としている。

 民進党の野田幹事長は、「比例復活で当選したのなら、議員辞
職が当然ではないか」と指摘している。 同氏は保守性が強いと
言われるが、長島氏のこれまでの政治姿勢は疑念が感じられる。
 長島氏は、国会法により自民党には入党できず、当面無所属で
活動したいと表明しているが、いかがなものか。
 
 民進党は、離党届を受理せず除名処分を決めたが当然である。

 筆者は特定政党を支持せず、是々非々を信条としているが、そ
もそも長島氏が共産党との共闘を忌み嫌うのは誤った観念論に
よるものであろう。
 
 野党共闘について自民は「野合」と批判するが、数だけ多い自
民党こそ「野合」の感が強い。相次ぐ閣僚の失言・妄言等が重大
な政治不信をもたらしており、企業なら経営不振に陥っているの
ではないか。
 寄らば大樹の陰、勝てば官軍と奢る政権こそが、民意に反する
政治を強行している姿勢だと言えよう。

 田中角栄元首相の秘書であった早坂茂三氏の著書「政治家は
悪党に限る」の中で、「悪党」とは民意を無視し、強引な手法を強
行する政治家を指しているのではない、と述べている。
 中途半端な陣傘がいくら多くても、政治はよくならないことをも
比喩しているのではないかと考える。(29.4.12)
画像










記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


米国のシリア攻撃に迎合する安倍首相

2017/04/09 11:20
 アサド政権が化学兵器を用いたことを容認できないとして、トラ
ンプ氏はシリア政府軍空港を弾道ミサイルで攻撃したことに対し、
安倍首相は、全面的に支持するを旨記者団に表明した。

 化学兵器の使用は断じて許されず、抑止のための行動するこ
とは異論がない。

 しかし、米国の今次ミサイル攻撃を巡って、種々の疑問がある。 
 
 第一に、アサド政権が化学兵器を用いた確証がないなかで、
習金平との晩餐会直後に攻撃をしたことである。
 ミサイル攻撃は突然できるとは思われず、以前から計画してい
たとの情報は事実と思われ、演出効果を狙っていたと考えられる。

 それは、習金平に北朝鮮への圧力を期待しているが、万一の
場合単独の対応も辞さない考えであるとし、そのゼスチュアーの
意味合いと見られる。
 
 また、金正恩に対する警告とプーチンへの示唆とも受け取れる。
 かねてオバマ氏がシリア攻撃を意図した際、トランプは反対した
経緯があり、大統領就任まもないなかで、オバマケアが不評を買
っていることから、豹変し、実行力を示す意図が透けて見える。

 一方、アサド政権を支持するプーチンは、米国のシリア攻撃に
よって対米関係を悪化させることに繋がる事をトランプは予想し
ていたはずであるにも拘わらず、敢えてシリア攻撃を強行したの
は何を意味するのだろうか。

 少なくともトランプを全面支持する安倍首相に対し対日感情を
悪化させることは確かである。

 ミサイル攻撃は59発のうち23発は空軍施設などに落下したが、
、36発の落下地点は不明で、政府軍の被害は少なかったという
が、被害の一部は I Sの空爆を行っている航空機などの破壊に
もつながり、ミサイル攻撃はI Sに組みする結果になったというか
ら事実なら皮肉と言えよう。

 いずれにしても今後の情勢により、わが国の危機が危惧される
が、安倍首相は、トランプ政権に迎合ありきで「全面支援」を表明
しており、自民党内でも「敵基地攻撃」の必要性が取りざたされて
いることから、「駆けつけ警護」を超える難局につながりかねない。

 好まざるに関わらず国民の一人ひとりが真剣に考えなければな
らない時期に来ているのではないか。(29.4.9)
画像


















 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロ地下鉄テロ攻撃の意味するもの

2017/04/09 10:19
 3日午後プーチンロ大統領の出身地サンクトベテルブルクの地
下鉄で爆発があり、9人が死亡し約20人が負傷した。

 プーチン氏は この日サンクトペルブルクで市民らとの対話集会
に参加していたという。

 爆発物には威力を強めるために、金属片等が仕込まれ、周到に
準備された可能性が強いとされているが、ロシアは2015年9月、
I Sなどのテロ組織壊滅を名目にシリアで空爆を開始しており、治
安当局が国内での報復を警戒し、警備を強めていた矢先だと言う。

 プーチン氏は、「なにが起こったのか、完全に解明するため捜査
機関が全力を尽くす」と記者団に述べているが、プーチン氏の強
引な政策に対する反発であることが考えられるが、一般の市民が
巻き込まれたのでは堪ったものではない。

 ウクライナ問題や北方領土問題の対応などに鑑み、起こるべくし
て起こったとも考えられる。

 むかし、ソ連時代に訪れたことがある。その体質は今でも変わっ
ていないように思われ、北方領土問題の解決は容易でないことが
窺われ、率直なところ、食い逃げされないことを期待したい。(29.4.9)
画像

 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


森友問題徹底糾明が望まれる

2017/04/07 16:29
 森友問題が、籠池氏の学園運営や小学校建設費の違い等や
寄付金100万円の振り込み書の記載などの追及が行われ、肝
心の国有地8億円の値引き疑惑を巡る真相追及が脇へ追いや
られており、このままでは疑惑は迷宮入りになりかねない。

 しかし、政府与党は国有地売却経過を記録した書類は廃棄し
たとし、昭恵夫人の証人喚問も必要ないとして一方的に幕を下
ろそうとしている。

 一方国会の共謀罪審議入りを巡る紛糾や北朝鮮のミサイル
発射、シリアでの化学兵器による爆撃に加え、米国のシリア空
軍基地爆撃等目まぐるしく変わる情勢に国民は目を奪われて
いるのが実態で、森友問題は薄れがちになっていると言える。

 このままでは、森友問題は疑惑を孕んだままお蔵入りしかね
ず、憲政の汚点になりかねない。

 昭恵夫人付の谷氏と財務省とのやり取りは明白で、昭恵夫人
を含め証人喚問をすることが真相解明に絶対必要であり、籠池
氏の喚問だけでは一方的であることは心ある多くの国民が感じ
ていることで、首相の「必要ない」は民意に反するものである。
 
 安倍政権の1強による驕りが強引さを増しており、政治を貶め
ている今村復興相の姿勢にも表れていると言えよう。 

 今後とも野党は追及を緩めることなく、疑惑究明に努めて欲し
いものである。(29.4.7)
画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


豊洲百条委元知事らの責任追及

2017/04/07 15:43
 浜渦元都副知事が豊洲市場地の売買について「東京ガスと
の(01年7月の基本合意後は)一切関わっていない」との証言
は、都と東京ガス側が提出した交渉記録等から、01年7月以
降も交渉に関わっていたことを示す資料があったことから、偽
証の疑いがあるとして、議決される見通しだという。

 自民党は慎重に判断すると言うが、自民党を除く全会派が認
定に前向きで、議決に必要な過半数を占めるという。

 浜渦元市長は、石原元都知事の信任が厚く、同市場用地の
取得について東京ガスとの交渉を全面的に任されていたという
が、都政についても専横的で都職員の反発が強かったというか
ら、石原氏と同じ穴の狢だった言えよう。

 この上は、東京ガスが汚染されている用地であることから、都
への売却を忌避していたにもかかわらず、取得に至った経緯を
明らかにし、責任を追及する必要がある。
 
 浜渦氏の偽証議決がなされれば、その責任は重く、権限を委
譲した石原氏も上司としての責任は免れず、自らを律することが
武士を自称する者としての本分と言えるのではないか(29.4.7)
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私人の選挙活動に政府職員が同行

2017/04/07 10:46
 安倍首相の妻である昭恵夫人の行動に対し、経産省と外務省
から5人の職員が充てられているという。
 従前は1人であったが、安倍政権になって2人となり、更に5人
に増えたという。

 ファーストレデイとして、首相の外遊等に同伴する場合には秘
書役として必要であるとしても、その行動は限られているだろう。

 また、人数についても何故5人も必要なのか。
森友問題で、昭恵夫人が公人か私人かが問題になった。
 問題の核心は、夫人付きの秘書役が国有地売却価格の廉価
決定に関わり持ち影響しているかを判断するためである。

 私人なら公的秘書役は不要であるが、公務員を秘書役として
財務省との連絡に携わっているところに、忖度の疑惑が生じる
ことは当然であり、そこに夫人の公的位置づけが問題にされる
のではないか。

 5日、政府は昭恵夫人が昨年の参院選で自民候補の応援に
行った際、夫人付きの政府職員が3回同行していたことを明ら
かにした。「公務遂行補助にかかる連絡調整」が理由だという。
 幹部でないので公表しなかったというが、3日の参院予算委
の福島瑞穂氏の質問に答えたもので、隠蔽していたのである。

 安倍首相は、夫人は私人だと明言しているが、現役の省庁職
員が、夫人の選挙活動に公務遂行補助として同行していること
自体重大な問題であり、私人の行動だからとすれば首相の姿
勢は支離滅裂と言える。(29.4.7)
画像
  



 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天下り16人無届け

2017/04/07 07:30
 松野文科相は5日、同省OB16人が内閣人事局へ無届けで
天下りしていることを衆院文科委員会で明らかにした。

 違反者には10万円の過料を科す規定があり、文科省は内
閣人事局と過料を含め裁判所への手続きを検討すると言う。

 天下り問題については2月22日付「目に余る天下りの実態」
のタイトルで本欄で述べたが、天下り先の多くがが、大学教授
など、最高学府等に関系していることからも殊更に重大視する
必要がある。

 文科省OBの未届けによる天下りの実例は、既に14年4月に
も発生しており、元生涯学習局長が見届けであったことが3月
に判明しているというから管理が杜撰である。
 過料が僅か10万円であることも抑止につながっていないと
考えられ、早急な改正が必要であると考える。

 なお、天下り途は異なるが、自治省非常勤職員の任用の適
正化に関する法案ついて、総務省では国会提出資料に記載
漏れが見つかったと言うが、これまた杜撰な対応だと言える。
(29.4.7)
画像







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

地下室の窓/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる